東欧・ウクライナ・ロシアンポップスの窓 - Russian Pop Music Express

2020年10月。ロシア、ウクライナ、東欧各国の最新チャートから上位の楽曲をその歌詞と共に紹介するロシアンポップスの窓。縦ノリで淋しげなメロディーが多いロシアンポップスや、メジャーからマイナーまで奥の深いウクライナポップスを中心に、ジャズ基調でシックなポーランドやダンサブルで格好いいルーマニアのポップス音楽を集めてます...今目下行きたい国というとカザフスタンやポーランドですが、Worldmeter見ると現時点で両国とも日本よりコロナ感染率が高く、なかなか落ち着きが見えない状況。日本国内の旅行もある意味行きつくしていて、少なくとも東京からの日帰りや一泊二日だと行きたいところ限られるのですよね。敢えていれば鹿島神宮とか香取神宮方面とか大洗やひたちなか方面かなぁ。結構アクセス良くないので、どうやって行くかが課題です。。

カテゴリ: Azerbaijan



実業家の息子で、元妻は大統領令嬢というEminが
グリュコーザやセレブロの育て親のファディーフに、
母国アゼルバイジャンの作曲を依頼。

ファディーフ自身はソビエト人として、
ロシアと私の故郷を愛するようにアゼルバイジャンを愛しているとのこと。
確かにサビはアゼルバイジャンっぽいかなぁ。

И снова тёплый ветер с гор дарил любовь
Как будто слышу я свой двор и голоса
И мамин мягкий разговор, - я дома вновь
И запах мяты будто дразнит мою кровь

А море бросит щедро к ногам мечты
Мне кажется, что для меня стоят мосты
Замедлю шаг, чтоб полной грудью сделать вдох
Мне столько нужно рассказать тебе без слов

(*)О, море; Море, мой Азербайджан
Мою любовь к тебе я не предам
Ты моя сила, - так учила мать
И я, готов тебе всю жизнь отдать
О, море! Море, мой Азербайджан
Отец и сын - и Бог, хранит тебя

Я помню мальчиком любил босым бежать
И не боялся падать чтобы вновь ставать

А утром, успокоит свежесть берегов
Любовь к тебе всегда из самых лучших слов

(*×2)



Come to me, come to me tonight
Oh God, I need you, anyway
Baby, I just wanna be, be around you all the time
Oh God, I need you, oh…

(*a)I’m running, I’m scared tonight
I’m running, I’m scared of life
I’m running, I’m scared of breathing
‘Cause I adore you

(*b)I’m running, I’m scared tonight
I’m running, I’m scared of breathing
‘Cause I adore you

Come to me, come to me a bit more
Oh God, I need you
There’s nothing left for me to say

So rest on me darling, stay forever more
Oh God, I need you, I need you

(*a) (*b)

Oh, what I wouldn’t give away
To be your shelter and keep you safe
Keep you safe

(*a) (*b)

And I’m running
And I’m running scared
‘Cause I adore you

*****
日本時間の今朝方行われていたユーロヴィジョン。
今年はアゼルバイジャン優勝ですって。

近年、男女デュエットで臨んで高評価だったアゼル。
どう票を稼いだかは後程じっくり見るとして、ステージングが綺麗で、かつ楽曲はケルトみたいというか、夢見心地に聞ける感じで、上手く他と差別化できて良かったのかもしれません。
*****

このページのトップヘ