★東欧・ウクライナポップスの城★

2022年も8月かぁ。ウクライナに加えポーランド、ルーマニアなど東欧各国の最新チャートから上位の楽曲をその歌詞と共に紹介する東欧ウクライナポップスの窓。縦ノリで淋しげなメロディーから明るく楽しいポップサウンドまで奥の深いウクライナポップスなどを中心に、ジャズ基調でシックなポーランドやダンサブルで格好いいルーマニアのポップス音楽を集めてます...先日、東京某所でウクライナ料理教室が開かれまして、参加された方の話を聞いたのですが、ウクライナから避難されている方に「日本から引続き寄付するからね」と言った人がいて、あまりよい反応もらえなかったそうなんです。自分が逆の立場だったら、別に何でももらいたい訳でもないし、家族や近隣の友達、知り合いの多い平和な地元に帰りたいところ、「ああ、ありがとう」なんて反応できないかもなぁと思ったり。外国人でも日本人でもそうですけど、自分にとって感覚的に身近な人、遠い人それぞれいて、一概にどうのと括りたくもないし、関わる中で支援できることがあればしたいな、という感じなのですが、それも素っ気ないのかなと思ったり、でもシンパシー感じる相手ってそんなに多くもないのだよね。家族はともかく他人を抱きしめる、受け止めるって難しいですよね。せめて共感できるだけの時間がもっとたくさんあればいいのにと思ってしまいます。

カテゴリ: Azerbaijan



実業家の息子で、元妻は大統領令嬢というEminが
グリュコーザやセレブロの育て親のファディーフに、
母国アゼルバイジャンの作曲を依頼。

ファディーフ自身はソビエト人として、
ロシアと私の故郷を愛するようにアゼルバイジャンを愛しているとのこと。
確かにサビはアゼルバイジャンっぽいかなぁ。

И снова тёплый ветер с гор дарил любовь
Как будто слышу я свой двор и голоса
И мамин мягкий разговор, - я дома вновь
И запах мяты будто дразнит мою кровь

А море бросит щедро к ногам мечты
Мне кажется, что для меня стоят мосты
Замедлю шаг, чтоб полной грудью сделать вдох
Мне столько нужно рассказать тебе без слов

(*)О, море; Море, мой Азербайджан
Мою любовь к тебе я не предам
Ты моя сила, - так учила мать
И я, готов тебе всю жизнь отдать
О, море! Море, мой Азербайджан
Отец и сын - и Бог, хранит тебя

Я помню мальчиком любил босым бежать
И не боялся падать чтобы вновь ставать

А утром, успокоит свежесть берегов
Любовь к тебе всегда из самых лучших слов

(*×2)



Come to me, come to me tonight
Oh God, I need you, anyway
Baby, I just wanna be, be around you all the time
Oh God, I need you, oh…

(*a)I’m running, I’m scared tonight
I’m running, I’m scared of life
I’m running, I’m scared of breathing
‘Cause I adore you

(*b)I’m running, I’m scared tonight
I’m running, I’m scared of breathing
‘Cause I adore you

Come to me, come to me a bit more
Oh God, I need you
There’s nothing left for me to say

So rest on me darling, stay forever more
Oh God, I need you, I need you

(*a) (*b)

Oh, what I wouldn’t give away
To be your shelter and keep you safe
Keep you safe

(*a) (*b)

And I’m running
And I’m running scared
‘Cause I adore you

*****
日本時間の今朝方行われていたユーロヴィジョン。
今年はアゼルバイジャン優勝ですって。

近年、男女デュエットで臨んで高評価だったアゼル。
どう票を稼いだかは後程じっくり見るとして、ステージングが綺麗で、かつ楽曲はケルトみたいというか、夢見心地に聞ける感じで、上手く他と差別化できて良かったのかもしれません。
*****

このページのトップヘ